ホーム > DECHO(デコー)経年変化に耐えうる帽子
INTERVIEW

DECHO(デコー)
経年変化に耐えうる帽子


農園芸のハードワークに適した帽子を探し続けたどり着いたのが、デニムや帆布の産地である倉敷市児島にあるファクトリーブランドDECHO(デコー)。当店が自信を持ってお届けする、機能性とデザイン性を兼ね備えた帽子。今回、DECHOを代表して元田氏に「経年変化に耐えうる帽子」について簡単に説明していただいた。

- 使ってみてわかるのですが、経年変化に耐えうる帽子って素晴らしいです。

元田氏(以下敬称略):従来の帽子の縫製って基本的に4mmとか5mmの縫い代をとって綺麗に縫って仕上げているので、洗っちゃうと駄目なんです。ウチはワーク・ビンテージの風合いの生地が多くて、デニムとかってわりかしハードな洗いを求められるんで、よくある帽子の縫い方のものを同じように洗いをかけちゃうと、ところどころパンクしちゃうんですよ。洗いのこととか経年のこととか考えると、太い糸とかチェーンステッチとか必要になってくると思うんですね。

- デニムで言うパッカリングのような風合いが特徴的ですが。

元田:ウチは基本的に綿を使うんですよ。地縫いとかでスパンとか強いものを使うことはあるんですけど、表に出るのは全部綿なんです。風合いが合繊と違って、縮んだりするんで、洗ったときに凹凸ができるじゃないですか、糸自体が縮んで生地に凹凸ができて当たりが出て色が落ちるっていう、デザイン以外にもいろいろやってるんですけど、それを商品説明にすると重くて。だから、商品を手にとって気に入っていただいた後に、実は…っていうくらいがちょうどイイかなって思ってます。

- で、自社で作っているんですよね。

元田:最初は自分でやろうなんて思ってなくて、でも外注で何回お願いしても埒が明かなくて、生地の伸縮率とかいろいろ考えて自分自身でパターンも取り直して、デニムのミシンとかで作り始めたんです。結果的に帽子屋さんじゃ縫えない帽子が出来上がって、逆に外注じゃ縫えない帽子になっちゃって。いいのか悪いのかわかんないんですけどね。キャパの限界はあるんですけど、コラボとか、ジーンズ屋さんとダブルネイムで出したりとか、なるべくウチのニュアンスが伝わるブランドさんとかメーカーさんとであれば、いろんなことをやっていこうと思ってる集団なんです。

- 生地にもこだわりが垣間見えますよね。

元田:もちろん生地屋さんのものも使うんですが、今回オリジナルの生地を作ったんです。サマーサンズファブリックって言うんですけど、帆布の織りなんです。それをハンターやパテシエとか職業ごとにカテゴリーごとに帽子を作ったんです。それとエプロンも。今回是非これを見ていただきたくて。児島は帆布やデニムの産地なんで、このファブリックを織るにあたって、帆布を使いたいってのがあって、でも11号帆布とかでも帽子にするには少し硬いんですよね。で、縦糸にマスタード、横糸にカーキの糸を使って、それに一手間二手間かけて帽子に適した生地に仕上げたんです。1830年ごろにアメリカで生まれたって言われてるリング紡績糸を使ったのもあって綺麗な帆布に仕上がりました。通常の帆布の規格にはないことをして作ったんですよ。あとはウチの強みでもある縫製で強度も出せました。

- 園芸業界はDECHOさんにとっては新しいジャンルになるわけですが。

元田:今後、カテゴリー別にいろんなアイテムを掘り下げていきたいと思ってますし、それにLifetimeさんとはファッション的なバランス感覚が離れていないので、何か面白い試みができそうですね。僕たちにとっては新しい試みですが、感覚が似ているのは心強くて楽しみでもあります。


と、DECHOの帽子作りの基本的なお話でした。どうして農園芸道具店でDECHOが?と疑問に思う人も多いかもしれない。しかし、ファッションへの感度が高い農園芸家が当店には多く、従来の帽子の概念を覆して生まれた「経年変化に耐えうる帽子」は、彼らにとって新たなスタイリングの一つとなることは必至。農園芸だけでなく、アウトドアにフェスにガシガシ使ってもらいたい。

(この対談は2010年1月に行った内容です。)