ビーニー、ワッチキャップ、ニット帽

ビーニー、ワッチキャップ、ニット帽

 ビーニー、ワッチキャップ、ニット帽。呼び方が違うだけで、どれも同じ感覚で使ってらっしゃる人も多いかと思い、歴史をさかのぼって調べてみました。あくまでも諸説ある中の一つとしてご理解ください。
ビーニー、ワッチキャップ
  • ビーニー(Beanie)は、整備工などがヘルメット代わりに作業用帽子として、野球帽をかぶったのがはじまりと言われています。Beanieの語源は、野球帽の天ボタンが豆(Bean)に似ていることから、彼らの作業帽をビーニーと呼ぶようになりました。ボンボン付きのニット帽は、実は名残りという説もあります。

  • ワッチキャップ(Watch Cap)は、寒空の中海軍の船上で監視係が防寒のためにかぶるニット帽が由来とされていあます。折り返しは防寒と、ケガ防止のヘルメット的役割も担っていたようです。

 折り返しがないとビーニー、折り返しがあるとワッチという人が多いのも、語源からすると間違いではないようですね。ただ、現在では頭に沿うツバのない帽子の総称としていずれも同義で使われていて、Watch Cap Beanieと続けて表記するメーカーもあります。当店では、厳密な違いはあまり気にせず、いずれも使っています。
ニット帽
 ニット帽(Knit Cap)は、単純にニット素材のもの。ビーニーやワッチキャップの形で、素材が編み物ならニット帽と呼んでも、ビーニーやワッチキャップと呼んでも正解です。ツバありなどどんな形でもニット素材ななら広義としてニット帽になりますが、世間一般的にニット帽はやはりスキーの時に被るような帽子のことを指します。
被り方に正解はあるの?
 また、被り方に正解はあるのか、よく質問されますが、ずばり言って正解はないというのが当店の回答です。あえて言うなら、以下のような基本とバリエーションはあります。

ビーニー、ワッチキャップ、ニット帽

  • 防寒として被るなら、前は眉毛の少し上で、後ろは後頭部の凹み辺りで、耳を隠すように深く被ります。耳まで覆い隠せるように、折り返しがあるタイプが理想的です。

  • 作業時に被るなら、けが防止が主な目的になるので、太めの糸で編まれた折り返しがあるニット帽や、ボアなどクッション性の高いワッチキャップが適しています。ただ、気温が高いところや髪をまとめる目的だと、天然素材のものが手軽に洗濯できて手軽に使えます。薄手で折り返しのないビーニーを浅めに被ると、髪もまとまり暑さ対策になります。

  • 被り方で印象も変わります。深く被ると防寒には適していますが、どこか野暮ったくまじめな印象になります。前を額の真ん中から生え際付近にあわせて被ると、活発で明るめの印象になります。また、前髪を出すと幼く見えたり小顔効果があると言われます。ただ、中高年になると若作りの印象になってしまうこともあるのでご注意ください。

PRODUCT LIST
商品一覧

20商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
20商品 1-20表示
  • <
  • 1
  • >
20商品 1-20表示
  • < Prev
  • Next >