外山刃物(とやまはもの)立ちバネ式剪定鋏・芽切鋏

 刃物の町として知られる新潟三条で、江戸時代から続く「外山刃物」の宗家4代目秀久作の剪定鋏(はさみ)。木鋏の製造は、鍛造、上げ打ち、焼き入れ、焼戻し、表すり、色付け、裏刃と切刃の重研削と仕上げ研磨、組立、調整(合い刃どり)をはじめとして、いくつもの工程を経てなされます。その工程ごとに鋼(ハガネ)を知り尽くした匠の技で作られています。ご自身でメンテナンスが出来るので、長く愛用できるという点も特筆すべき点です。宗家秀久作の刻印は、プロ仕様の証。日本を代表する植木鋏です。

 園芸用鋏は、植木鋏、花鋏(華道鋏)、剪定鋏、芽切鋏など様々な仕様のものがあります。今回は、ご家庭でも使いやすく、本職でも使用頻度が高い「 立ちバネ式剪定鋏 」について、簡単に解説いたします。

 鋏は一般的に手のサイズに合わせて使用します。手の大きな人(主に男性)は全長20センチ、手の小さな人(主に女性)は全長18センチ、全長19センチは手のサイズの影響が少ないサイズとされています。また、切断できる太さは木の硬さや性質により異なりますが、生木の剪定で1〜1.5センチ程度の切断が剪定鋏の目安となります。



1. 本職用剪定鋏BB-200Y
 本職男性向きの枝切剪定用。人間工学に立脚した独特のハンドル・デザインにより、手の平全体の力が効率よく刃先に伝わり、長時間の剪定作業でも疲れません。またハンドルに滑り止めのふくらみがついているので、安全な作業ができます。

2. 本職用剪定鋏YP-200
 本職男性向きの枝切剪定用。握りやすく力が伝わりやすい外側に膨らんだハンドル。またハンドルに滑り止めのふくらみがついているので、安全な作業ができます。左利きもあります。

3. 小型軽量剪定鋏YP180
 本職女性向きの枝切剪定用。YP-200を女性の手のひらサイズに合わせサイズを小さくし、大幅に軽量化されています。握りやすく力が伝わりやすい外側に膨らんだハンドル。またハンドルに滑り止めのふくらみがついているので、安全な作業ができます。左利きもあります。

4. 剪定鋏 TH金200
 男性向きの枝切剪定用。昔ながらの一般的なハンドル仕様。BB200やYP200に比べると長時間の作業効率は劣りますが、工業品に比べると圧倒的な切れ味を誇ります。

5. S型金190 クッション付
 枝切剪定用。手の大きさに影響が少ない全長19センチで、手への衝撃を和らげるクッション(緩衝用バネ)付き。堅い木や本数の多い剪定の際に特に役立ちます。

6. 万能剪定鋏
 草花枝切用。文字通り万能で、通常は草花切断用の芽切鋏と枝切用の剪定鋏の二丁を揃えますが、剪定と芽切りの両方を兼ね備えた一丁。ただし太い枝や繊細な草は対応が難しい場合があります。また、バラ栽培に人気の鋏です。

7. 剪定芽切り鋏
 草花切断用。先が細く両刃になった芽切り(花切り)鋏は、本職や趣味の園芸を問わず必須の鋏。やわらかい草花の切断など繊細で細かな草花の切断に使用します。バネ式が苦手な場合は、木鋏や花鋏をお使いください。

 2003年創業当時、西欧(イギリス)の園芸道具に特化していましたが、あるガーデニングショーの物販ブースでお向かいだったのが外山刃物さん。その一週間、秀久氏に鋏のことを教わり、鍛造刃の鋏に惚れ込み取り扱わせていただくことになりました。もちろん、海外の量産品にも良さはたくさんあり、アンヴィルやラチェットなど様々な構造の鋏もあります。上記の製品説明はあくまでも「 目安 」です。仕様目的や使う人の骨格や性格などを踏まえた上で、適切な鋏は異なります。ご不明点がおありの際には遠慮なくお尋ねください。
21 DEC 2017 LIFETIME店主 せつだ

取り扱いブランド

ブランドから探す