Sassafras(ササフラス)

2004年にスタートしたワークウエアブランド。毎シーズン同じ型をベースにサイズバランスやシルエットを修正しながら、ワークウエアの中でもガーデニングに特化した洋服を展開。60年代ごろまでのワークウエアやアウトドアウェア、ミリタリーウェア、トラディショナルウェアへのこだわりは、生地、糸、縫製など随所にみられる。新しい概念のガーデニングウエアを提案するササフラスは、ガーデニングには欠かせない道具、日々の生活で欠かせない日常着。また、1948年カリフォルニア州フリーモント生まれのスティーブ・ゴサードという架空の人物を創造。このストーリーはササフラスを理解する上で欠かせないイメージソースとなっている。

STEVE GOSSARD(スティーブ・ゴサード)
'48年、カリフォルニア州フリーモント生まれ。

カリフォルニア州バークレーの大学を卒業し、コンピューターメーカーでプログラマーとしてOSの開発に携わるが40歳を前にしてドロップアウト。

その後、数年フリーモントの自宅で、趣味のロックを聴きながらガーデニングすることに没頭する。雑草を抜かず、自然のあるがままを取り入れた、独自のナチュラルガーデニングスタイルが口コミで評判を呼び、プロフェッショナルガーデナーの道を歩み始める。

それと同時に、何時も彼のお気に入りのロックが鳴り響くガーデニングショップ「 SASSAFRAS(ササフラス) 」を自宅横にオープン。ショップ名兼、オリジナルウェアの「 SASSAFRAS(ササフラス) 」は、自宅庭で彼が生まれる前から存在する大樹の品種名。また、彼がROOTER(ササフラスが原料のROOT BEER愛飲家)でもある事に由来する。

ショップ「 SASSAFRAS(ササフラス) 」は、通常のガーデニングショップとは違い、自然のあるがままを取り入れた彼のガーデニングスタイルをベースに、枠に捕らわれない、独自の視点でチョイスされたさまざまなガーデニングギアと雑貨が並ぶ。このショップの中でギアや雑貨以上に注目されているのが「 SASSAFRAS(ササフラス) 」通称”SF”と呼ばれているオリジナルウェアだ。オリジナルのガーデニングウェア”SF”について彼はこう語る。

「自分がいきてきて出会った衣服の中で着やすいモノ、動きやすいモノ、丈夫なモノ、全てがガーデニングウェアに値する。」

この言葉どおりワークウェア、アウトドアウェア、ミリタリーウェア、トラディショナルウェアなどの彼が過去・現在で愛用してきた、様々な実洋服の機能が盛り込まれた、全く新しい概念のガーデニングウェアを提案している。

※このストーリーは、SASSAFRASのイメージソースとして考えられたフィクションです。

取り扱いブランド

ブランドから探す